あなたの生きづらさを加速させるのは味方のフリをした「冷笑系」の人達。

無題35-75.jpg

今日、とあるメンタルヘルスに関する記事が目に留まり、「珍しく自分と同じようなことを主張してる人がいるな」と思ってその書籍の著者をよく調べたら、日本によくいる「冷笑系」だった人のことを少し話そうと思います。


この人はどうやらTwitterを見てるとエゴサしてるっぽい感じが見受けられるので、検索避けのため引っかかりそうな単語はなるべく出さずに書きます。どうして避けるのかと言うと、私はこういう人に何度もマウントを取られたことがあるからです。後は今のところ、批判も糾弾もするつもりがないから。でもいずれ、この人は遅かれ早かれ「無意識による差別的発言」で炎上する可能性が高いなと思っています。この人は恐らく差別意識が根本にあるので、私は差別されたくないから・ハラスメントされたくないから、防衛のために避けます。


この人の書籍に関する記事はこちら。


一見、エセスピ系や引き寄せ系を斬っているように思えます。だけどよく読むと、結局「別の言い方をした引き寄せ系」なのが分かります。

20201027_142141.jpg

記事の中の一部を引用します。この「~してはいけない」系のブロックって、エセスピ系や引き寄せ系も同じことを言っているんですよね。「ブロックがある」という言い方をして。このブロックを「自分が作り出した」と思わせることが彼らのやり口なんですよね。

確かに自分で作り出したものかも知れないんですよ。だけど「作らなきゃ生き残れない」と判断した上で作ったものだとしたら話は変わってきませんか?

私は以前もブロックについての違和感を書いたことがあるのですが、「自分が作り出しただけだからそれをなかったことにすれば解決」ではなくて、「社会構造がそうさせたのではないのか?」という考え方に何故シフトしていかないのだろうと不思議なんです。心理学って個人の心理を探るものだからその視野から発展しないだけなのかも知れないけれど、私はこのブロックを解除しようと試みたこともあるし、一時的に楽にはなったけど結局またそのブロックは知らぬ間に再構築するんですよね。突き詰めた結果、私が出した結論は、「これは私が作りたくて作っているものではないんじゃないのか?そうしないと生き残れない原因が外側にあるのではないか」でした。


その原因が社会構造、日本が運営しているシステムそのものにあるんじゃないか。


私達は、日本が間違いを犯し、その過去を反省していないということを教育されていません。表面的に「日本って何かやらかしたっぽいよね、でも過去のことだからねぇ」としか認識していない。今私たちの暮らす社会が崩れかけていて、機能していないのは、根本に差別意識があってそれを誰も正すことが出来ず、権力側が暴走していくのを傍観しているからだと理解していなくて、加害者のみならず被害者までもが「差別をされている・不当な扱いを受けている」ということに気付いていない。その辛さを「メンタルブロックがあるせい・過去世からのカルマのせい」ということにして自分の責任としてしまっている。

「歴史を放ったらかした」という意味ではカルマのせいであるという解釈も出来るけれど、そういうふわっとした言い方で終わりにしてはいけないと思います。それを言ってしまったら過去世という目に見えない、現実的ではない何かが原因なのかという間違った判断で行動していまいます。


社会そのものも個人の行動や心理の集合体だから、個々の意識を深掘りして変えていこうというアプローチだってもちろん必要なことですよ。でも先にシステムを変えないで、ブロックに向かい続けてもずっといたちごっこなんですよね。

だから基本的にはこの人の主張を全否定する気はないんですよ。100%間違っているなんて、言うつもりもない。


この人のTwitterからの発言で「これはちょっと論点がズレているな」と思うものが結構あったので、ツッコめる限りツッコもうかなと思います。

まず1番分かりやすいものはこれ。

20201027_142106.jpg

そもそも、安倍は病気だったんじゃないんですよ。「病気だと嘘をついて辞めた」んですよね。心理学が専門なのに彼が嘘をついていることに言及出来ない時点でおかしいし、「かまってちゃん」とか「病気でダメ出し」とかそういうレベルの話ではないです。分析するポイントが全く見当違いです。

そして、石垣議員の話もされていますが、「未熟者ノイズ」とかちょっと意味が分からないです。そもそも彼女は「未熟者である」ということを全く売りにはしていません。アンチ(そしてそれは多くが男性)から「女のくせに生意気言うな」と常にマウントを取られているから、「女=小娘=未熟者だということにしておきたいんでしょう?」と言っているだけです。

そうやって彼女にレッテルを貼っているのはどっちですか?という話です。これは日本がいかに差別的社会かということを考えればすぐに分かります。彼はその社会構造を全く視野に入れていません。


彼が差別構造を意識していない発言がもう一つあります。それがこれ。

20201027_141923.jpg

彼が引用した元のtweetはこちら。

これは差別や誹謗中傷をする加害者に向けて被害者が声を上げれば、加害者側が被害者のフリをし、セカンドレイプをする構造を端的に表した画像です。それに対して「ダチョウ倶楽部のエッセンスw」と言えるこのセンス。正直凄く怖いです。この構造が私達を生きにくくする原因の1つであるのに、危機感がゼロ。むしろ茶化しているようにも見えます。

そうやって自分事と捉えず自分と切り離して笑えるそのセンスが無意識に差別に加担しているんだってこと、分からないんですよね。

何故、分からないか。それは彼が「差別する側・マウントをする側の社会的強者」だからです。自分が高みの見物をしていることに全く気付いていないからです。

これが今日本に蔓延している「社会的強者の冷笑」現象です。こういう人は本当にたくさんいて、むしろ暴走している権力側よりも厄介な存在で、彼らこそが社会崩壊に関わっていると言っても過言ではありません。


20201027_142018.jpg

この文章から「仮病に決まってる」と断定することそのものがおかしいですよ。そもそも彼に質問することではないとも思うけれど。メンタルヘルスに関わっていて、どうして不調を訴える子供にこんな言葉をかけられるのか全く意味不明。仮に仮病だったとしても、学校に行きたくない原因は子供自身にあるとでも言うのだろうか。日本の小中学校の80%以上にいじめが存在しているという事実を彼は知らないのではないだろうか。


いじめ過去最多、82%の学校で 生徒ら317人が自殺(朝日新聞)


20201027_141952.jpg

こういう楽をして生きる人々と頑張っても報われない人々の格差が拡がっていることには何も言わないで、無責任に楽をする人を目指せってどういう神経をしているのか分からない。楽をしたくても出来ない人がいるのは、無責任に楽をする人がいるからその負担が増えているんだよねってことが何故理解出来ないんでしょうか?

社会はやりたいことだけで回るわけじゃないですよ。誰もがやりたくないことを粛々と文句も言わずやってくれる人がいるから、やりたいことが出来る人もいるっていう現実を全く見ていない。コロナ禍でそれが可視化されたはずなのではないですか?


20201027_142125.jpg

そもそも日本の笑いのセンスが全体的に低下しているとは思わないんですね。元々笑いの役割は「社会風刺」なんですよ。権力を茶化したりして笑い飛ばす文化だったのに、そうじゃなくなったからではないのだろうか。セクハラして笑ったり弱者や個性的な人をからかって笑ったり、そういう低レベルな何の技術も要らない差別を根底とした笑いが蔓延しているからこの質問者が笑えないんだってことに気付かないんですね。「子供じゃない方がいい」って何だよ、笑いは子供だけのものじゃないです、元々大人の文化だったのに。

ただ、その芸人がつまらないだけですよ。私だってもう20年以上前から笑えない芸いっぱい見てきました。お笑いを子供のものだと思うのなら、恐らく彼はボラットの映画なんて観れないんだろうなぁ。スタンダップ・コメディというジャンルがあることも知らないんだろうし、日本の上方文化(落語や演歌)もこういうスタンスだったのも知らないのでしょう。そりゃウーマン村本さんが評価されない訳ですよ。


心理学というのは人の心理の構造を分析するものです。その心理パターンは必ず社会構造にも影響を及ぼすはずなんです。その心理分析が社会構造に当てはまっていないのならば、それは心理学とは言えないのではないかなと思います。

彼の言うことが正しいとするなら、政治が暴走している現実も差別されている人が多いという現実も、人が望んでいることが引き寄せとして現実になっているという結論になります。今の生きづらい現実は自分が潜在意識から望んでいるということになる。


本当にそう思いますか?私はそうは思わない。

「日本死ね」が流行語になったりするし、私だって日本は一度痛い目見た方がいいんじゃないのと思うこともあります。けれど日本は既に二度痛い目を見ています。見た上で今の社会なんですよ、大問題じゃないですか。そりゃブロックを作らざるを得ないでしょう、とは思えませんか?


もし望んでいたとしても、それは人間的な社会の営みとは思えません。

人間の社会で何故弱肉強食を是とするのか理解出来ません。弱肉強食と言われている動物達でさえ、互いに助け合うことがあるんですよ?全ての生物が奪い合って殺し合っているのではないですよ。天敵という存在はあれど、基本的には互いに共存して補完し合って生きているのに、同じ種同士で奪い合っているのは人間だけです。肌の色や経済的・宗教的な理由で勝手にルールを作って、ブロックを作り上げて殺し合っているのは人間だけです。


彼のカウンセリングを受けて、吐き気がしたり頭痛がしたりという人がいるみたい(本人談)ですが、それはブロックを外されて効果が出ているのではなくて、潜在意識が拒絶しているのだと思いますよ。「それを外されたら私は生きて行けなくなる、助けて!」と言っているのだと思います。本人が構築せざるを得なくなった本能的な自己防衛だからです。差別社会のシステムを変えずに、自己防衛のための鎧を外したらどうなると思いますか?


そんなの自殺するしかなくなるじゃないですか。



自殺する人が多いのは、人をケアする順番が違うからですよ。殺し合いがデフォルトの世界で「鎧を脱げ!」って色んな言い回しで騙すから。先に殺し合いをやめさせろっていう話。ケアをするなら最低でもそこから避難させて安全を確保させてからするべきではないのでしょうか。

政府自らが「自助・共助・公助」と職務放棄しているこの世界で、「己の力だけで生き延びてみろ!」って色んなセーフティネットを奪われている世界だからこそのブロック(鎧)があるのに、社会的強者が弱者に向かって「鎧を脱いだら楽になれるよ」と洗脳して殺していくのと何が違うのでしょうかね。


この人はメンタリストDaiGoの浅はかさと何も変わらないと私は思います。そして実際社会的弱者の立場にいて、デマインフルエンサーの言葉をオウム返しのように復唱して、例えば「コロナは茶番だ」と嘲笑してみせたり、自分だって奪われているのに奪っている側を擁護して強者になったつもりでいたりする冷笑系の人達も彼らなりの自己防衛なのかも知れませんが、本当に自分と向き合えていたら社会の出来事に笑っていられる精神状態になることの方が私はおかしいと思う。芸人は敢えてそういう笑えないことを茶化していくのが仕事だと思うし、ミュージシャンは歌や作品に残して私達を奮い立たせる勇気をもたらすのが本来の仕事のはず。


契約だから、スポンサーからお金貰えないから、疑問に思うことや社会に投げかけたいことをエンターテインメントに出来ない社会がそもそも自由じゃないし狂っていると思えなきゃダメ。

周りの国をよく見て欲しい。作品を通して、社会に対して痛烈に訴えている人達を叩いている風潮ありますか?政治的発言をする人をどんな立場であれ、「素人が政治に口出すなよ」と誹謗中傷する心理の人達っていますか?普通は影響力のある人が、あるいは政治家が評価したり受け入れたりしていませんか?


日本だけは何故違うの?おかしいと思いませんか?


そもそもその風潮が、人を信用出来ないとか我慢した方がいいとか出る杭打たれたくないというマインドに変わっているんだという風には思いませんか?


参考記事:

お金と浄化・カルマ・ブロックとの関係。

https://lyragrace.seesaa.net/article/473093591.html?1603785138

何故スピリチュアルは稼げないか。

https://lyragrace.seesaa.net/article/473093603.html?1603785461

米国の抗議デモは対岸の火事ではない

https://lyragrace.seesaa.net/article/protest-demo-usa-hongkong.html?1603785500

"引き寄せの法則"はただの催眠術もどき説

https://lyragrace.seesaa.net/article/hikiyose-saiminjutumodoki.html?1603785724



※このブログを転載・引用する際は、必ず引用元を明記して下さい。